排出取引、総量規制に限定せず=温暖化法案条文を提示−環境相(時事通信)

 政府は9日、地球温暖化問題に関する関係省庁副大臣級検討チームの会合を開き、小沢鋭仁環境相は地球温暖化対策基本法案の条文を示した。企業が温室効果ガス排出枠を売買する国内排出量取引制度では、国による企業への排出枠割り当て方法を記載。企業の排出総量の上限を決める方法に加え、企業の生産量当たりの排出量に基づき排出枠を定める方法の二つを検討するとしている。
 環境相は当初、国全体の排出量を着実に削減できるとして、排出総量に上限を決める方法のみを検討。しかし排出総量による規制は、生産抑制など経済への悪影響を招く恐れがあるとの政府内の懸念も踏まえた。 

【関連ニュース】
温暖化対策支援を強調=09年版ODA白書
原発推進明記で調整へ=温暖化対策基本法案
「温暖化対策」連携で合意=日・デンマーク首脳会談
住宅エコポイントを開始=省エネ配慮の新築・改修対象
原発利用を明記=温暖化対策法案に

地域包括ケアの推進へ介護保険担当課長会議(医療介護CBニュース)
<自民幹事長>徴兵制を検討? 誤報で談話撤回(毎日新聞)
<直嶋経産相>低レベル廃棄物受け入れを 青森県知事に要請(毎日新聞)
性犯罪の量刑見直しを 強盗強姦未遂被告に懲役7年(産経新聞)
<普天間移設>平野官房長官、検討状況のみ米大使に伝える(毎日新聞)
[PR]
by ugjnaevq1r | 2010-03-12 23:29
<< <新型インフル>ワクチン接種は... 犬繁殖業者 狂犬病予防法違反容... >>