<新型インフル>ワクチン接種は推定2278万人(毎日新聞)

  新型インフルエンザワクチン接種が可能になった昨年10月から今月9日までに推定2278万6533人が受けたと、厚生労働省が12日、発表した。医療機関に納入された出荷量から分析した。

 接種後の死者は131人で、うち3人が医療機関から「接種との関連あり」と報告された。発熱などの軽い副作用は2389人、意識を失ったりする「アナフィラキシーショック」など重い副作用は402人でみられた。厚労省は「他のワクチンに比べ副作用の報告数は多いが、医師が注意深く監視している背景があり、詳細に調べたい」としている。

【関連ニュース】
新型インフル:余るワクチン 欧米でWHO非難も
ヒブワクチン:「全員に」未接種で子亡くした両親訴え
新型インフル:成人向けワクチン接種、都が18日から開始
クローズアップ2010:新型インフル、余るワクチン 識者の話
クローズアップ2010:新型インフル、余るワクチン 「ピーク越えた」認定議論

水俣病訴訟「早く解決を」=平野官房長官(時事通信)
「暴力団会長と兄弟分じゃ」 入院費を恐喝しようとした男逮捕 東京・竹ノ塚駅(産経新聞)
<掘り出しニュース>ホワイトデー まんとくん、蓮花ちゃんにお返しの和菓子(毎日新聞)
台所20平方m焼き1歳次男死亡・長男も重体(読売新聞)
<普天間移設>沖縄県議団が防衛相に「県内反対」の意見書(毎日新聞)
[PR]
by ugjnaevq1r | 2010-03-17 02:24
<< 雑記帳 地元農家の夢乗せ、大豆... 排出取引、総量規制に限定せず=... >>