工事現場でエレベーター落下 作業員2人死亡 東京都清瀬市(産経新聞)

 8日午前11時45分ごろ、東京都清瀬市元町の清瀬市民センターの改築工事現場でエレベーターが落下し、30代と40代と見られる男性作業員が死亡した。

 東京消防庁によると、同センターは地下1階、地上4階建て。この日はエレベーターの解体作業を行っていた。2人はエレベーターの天井部分で見つかっており、救急隊の到着時、エレベーターは1階と2階の間に止まっていたという。

 現場は西武池袋線清瀬駅から北方へ約300メートルの住宅街の一角。

【関連記事】
市川君への思いが本に エレベーター事故遺族ら
エレベーター安全神話崩壊 精密機械の落とし穴
荷物用エレベーター 3年で37人死亡、政府が実態調査へ
エレベーター事故「運輸安全委の調査対象に」 国交相が検討表明
シンドラー社製エレべーター事故 遺族、国交相に調査機関要請

保育士のお仕事
じゅんいちのブログ
刑部課長伝説
ひでひこのブログ
体育会系モバイル部
[PR]
by ugjnaevq1r | 2010-01-15 07:06
<< 山梨・上野原市長に贈賄申し込み... 枝野氏 首相補佐官に…行政刷新... >>