久光とがん性突出痛治療剤を共同販売へ―協和発酵キリン(医療介護CBニュース)

 協和発酵キリンは2月1日、オレクソ社(スウェーデン)から導入し、現在承認申請の準備を進めているがん性疼痛治療剤KW-2246について、久光製薬と日本国内における共同販売契約を締結したと発表した。

 KW-2246は、体内のオピオイド受容体に結合することにより、鎮痛効果を発揮するフェンタニルの舌下錠で、がん性疼痛の持続的管理時に起こる急激な痛み(突出痛)に対する治療剤。

 両社は既に、久光製薬が開発し、2008年に承認申請したフェンタニルのパッチ剤HFT-290 について、共同販売契約を締結している。久光製薬では「同じ成分なので、持続的な痛みにはパッチ剤を、急激な痛みには舌下錠をというように、両方を使ってもらいたい」としている。

 協和発酵キリンによると、08年度のがん性疼痛治療剤の国内市場規模は400億円。



【関連記事】
がん疼痛緩和医療で協力―テルモと武田薬品
テルモと帝國製薬が医療用麻薬製剤で業務提携
痛みは “がん”だけじゃない―慢性痛に理解を
緩和ケアの正しい知識の普及啓発を
慢性痛に関する検討会が初会合―厚労省

普天間移設 日米関係、危機的状況ではない 米国防次官補(毎日新聞)
将棋 渡辺竜王が初のA級入り 名人戦順位戦(毎日新聞)
児童ら運動場に避難、大阪の小学校で火事(産経新聞)
17歳里見、連勝で女流名人に王手(読売新聞)
<普天間移設>日米関係、危機的状況ではない 米国防次官補(毎日新聞)
[PR]
by ugjnaevq1r | 2010-02-07 01:45
<< 天皇陛下、ノロウイルスに感染…... 中国に「儲けの方程式」、出資話... >>