ファイル共有ソフトで映画=ネットカフェ店長を逮捕−上映権侵害容疑で全国初・千葉(時事通信)

 ファイル共有ソフト「シェア(Share)」などを使って不正入手した映画やテレビアニメを客に公開したとして、千葉県警生活経済課などは9日、著作権法違反(上映権侵害)容疑で、同県市川市南八幡、インターネットカフェ店長石井康晴容疑者(37)を逮捕した。
 同課によると、ファイル共有ソフトで上映権を侵害したとして、ネットカフェが摘発されたのは全国初。石井容疑者は容疑を認め、「仕事仲間に教わった」と話しているという。
 石井容疑者は店の経費で、サーバーの一部を購入していたとみられ、同課などは店の運営会社についても捜査を進める。
 逮捕容疑は1月13日〜15日、市川市のネットカフェ「まんがランド本八幡店」の店内パソコンで、テレビアニメ「機動戦士ガンダム」や映画「ドラゴンボール」など3作品を男性客2人に見せ、著作権を侵害した疑い。
 同課によると、映画やドラマ、児童ポルノなど約2万5000作品が店内のサーバー7台に保存され、客が自由に視聴できた。同店では客が視聴するほか、DVDにコピーし、持ち帰ることもできたという。 

【関連ニュース】
児童ポルノ投稿サイト開設=「市民センターのパソコン使う」
6月に児童ポルノ対策=政府
シェアやウィニー、常時調査=流通ファイルの実態把握
裸の画像保存、中学校にも送信=プログラマーを逮捕
TVアニメ違法配信の男逮捕=新たな共有ソフト利用

代替フロン排出増へ 温室効果ガス削減足かせに(産経新聞)
“拳銃”構えた年賀状で弁護士を懲戒処分(産経新聞)
【中医協】通院・在宅精神療法、病診で一本化へ(医療介護CBニュース)
糖尿病根本治療に道 膵島移植の拒絶反応解明 福岡大・理研(産経新聞)
盛りだくさん「恵方」行き列車、1年の福願う(読売新聞)
[PR]
by ugjnaevq1r | 2010-02-11 08:35
<< 寸借詐欺480回?兵庫県臨時職... 東京・台東区保健所係長、電車内... >>