<群馬・たまゆら火災>施錠は07年夏ごろから(毎日新聞)

 群馬県渋川市の老人施設「静養ホームたまゆら」で入所者10人が死亡した火災で、入所者の避難を事実上不可能にしたとされる施設内の施錠が07年夏ごろから始まっていたことが12日、県警渋川署捜査本部への取材で分かった。それによると、昨年3月19日夜の出火当時、徘徊(はいかい)防止のため施錠されていたのは(1)食堂出入り口の南京錠(2)火元付近とみられる西側奥の居室から食堂に抜ける引き戸(3)居室と食堂を結ぶ引き戸のつっかい棒−−の3カ所。施設関係者は、食堂出入り口は07年夏ごろ▽引き戸は08年夏ごろ▽つっかい棒は09年初めごろ−−から、夜間に施錠されていたと説明しているという。

 業務上過失致死容疑で逮捕された、NPO法人「彩経会」理事長の高桑五郎容疑者(85)は、施錠について「私が指示した」と供述している。実際に錠を購入するなどしたのは、施設長の久保トミ子容疑者(73)とみて裏付け捜査している。また、高桑容疑者には法人名義と合わせ約2億5000万円の借金があったことも分かった。

 ◇理事長ら身柄送検

 捜査本部は12日午前、高桑、久保両容疑者を、同容疑で前橋地検に身柄送検した。【奥山はるな、鳥井真平】

【関連ニュース】
【関連写真】たまゆらの見取り図を見る
【関連写真】火災のあった老人ホーム「たまゆら」(09年3月20日)
<ことば>老人施設「静養ホームたまゆら」火災
群馬・渋川の老人施設全焼:たまゆら火災、増改築重ね違反14件
群馬・渋川の老人施設全焼:理事長逮捕 無届け運営、今も 反発受けた慰霊碑構想

ペットショップが5500万円脱税=法人税法違反容疑で告発−東京国税局(時事通信)
枝野氏の刷新相起用、首相じわり「小沢離れ」か(読売新聞)
生存男性を死亡と判断=警察署検視室で目覚ます−さいたま市消防(時事通信)
女子中生に因縁つけ土下座強要…28歳男「お姫さま抱っこさせろ」(産経新聞)
石川衆院議員 離党届を提出、小沢幹事長が受理 民主党(毎日新聞)
[PR]
by ugjnaevq1r | 2010-02-15 08:51
<< 捕鯨妨害で船籍国に対応要求=外... 「もったいない」で地球守ろう=... >>